2014/12/18

12月FOMC声明(2014年):「相当な期間」の文言を修正

昨日、今年最後のFOMCが終わりました。マーケットは「相当な期間」の文言を削除するとの予想が多かったですが、予想通り削除されたものの、「利上げ開始まで辛抱強くなれる」との文言に変更されました。声明は次の通りです。

  • ゼロ金利政策維持に関する「相当な期間」の表現を修正し、「利上げ開始まで辛抱強くなれる」に修正。
  • 今回のガイダンスは「資産購入プログラムを終了した後も相当な期間FF金利を現在の目標範囲に維持することが適切である可能性が高い」という前回の声明と矛盾していない。
  • ゼロ金利解除は、15人が2015年、2人が2016年と予測。
  • 15年の成長見通しは9月時点と変わらず、+2.6-3.0%と予測。
  • 15年の失業率見通しは、5.2-5.3%と予測(前回時点、5.4-5.6%)。
  • 労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともにさらに改善されている。
  • 広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が減少し続けていることを示唆している。
  • FOMCはFF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲で維持する期間の決定に関して、2%のインフレと最大雇用の目標に向けて実現かつ予想される進展を評価する。
  • 経済活動の成長は緩やかなペースで拡大している。

事前予想通り「相当な期間」の文言は削除されました。しかし、代わりに「利上げ開始まで辛抱強くなれる」という文言が加えられました。これは、「相当な期間」という文言が入っていた前回の声明と矛盾していないとあるので、「相当な期間」が削除されて利上げ期待が高まりすぎるのを抑えつつ、利上げまでのステップを一つ進めるという漸進的な意味合いがあるのかもしれませんね。マーケットは利上げへのシグナルが送られたとみて、ドル買いで反応したそうです。

労働市場については、「健全な雇用の増加や失業率の低下とともにさらに改善されている」「労働資源の未活用が減少し続けている」と引き続き改善が進んでいるとみているようです。

昨日はFOMC後にイエレンFRB議長の会見がありました。次の通りです。

  • 新しい表現は政策意図の変更ではない。
  • 労働市場はFRBの目標に向けて改善を続けている。
  • 労働市場はさらに改善の余地がある。
  • 原油価格の下落は短期的にインフレを押し下げる。
  • インフレ期待に関する指標の低下は一時的なものとなる見込み。
  • 今後数回の会合で正常化を開始する可能性は低い。
  • 参加者のほとんどが2015年の利上げを想定。
  • 「辛抱強い」は次回数回の会合で動かないことを意味する。
  • FRBは正常化のためインフレ上昇の確信を望む。
  • 利上げに関してあらかじめ決まった時期はなく、今後の指標次第。
  • 政策行動は記者会見の日に限定しない。
  • FRBは世界市場の進展を注意深く見ている。
  • 原油安は米国にとって最終的にプラスとなる可能性。
  • 原油に起因するインフレ変動は一時的とみる。
  • FRBの目的は計画に関して明確にコミュニケーションすること。
  • 金利について市場との見解の相違があると認識。
  • 数回の会合は2回を意味する。
  • 金融政策スタンスの正常化を始めても引き続き長期間非常に緩和的となる見込み。
  • 米国に対するロシア混乱の波及効果は小さくなる可能性。
  • ロシアに対する米銀の投融資は極めて小さい。

「新しい表現は政策意図の変更ではない」というのは、「相当な期間」を削除しただけでなく「辛抱強くなれる」という文言を加えたことで、過度の利上げ期待が高まるのを避けたいという意図がみえるようですね。

利上げ時期については、「今後数回の会合で正常化を開始する可能性は低い」「辛抱強いは次回数回の会合で動かないことを意味する」「利上げに関してあらかじめ決まった時期はなく、今後の指標次第」と、今後の指標次第だが、数回の会合で利上げを開始することはないと述べています。会見でさらにつっこまれたのか、「数回の会合は2回を意味する」と言っているので、来年1回目の1月27-28日、2回目の3月17-18日のFOMCでは利上げはないということになりますね。そういうことになると、利上げは早くても3回目の4月28-29日のFOMC後ということになります。さらに、「政策行動は記者会見の日に限定しない」とあるので、4月のFOMC後には会見がないですが、経済指標次第では利上げが行われる可能性はあるといえそうです。