2015/01/29

1月FOMC声明(2015年):国際情勢について言及

27日~28日に、今年最初のFOMCがありました。連銀総裁のメンバーは一年ごとに変わりますが、新しいメンバーは右欄の「2015年FOMCメンバー」のとおりです。タカ派がラッカー・リッチモンド連銀総裁のみになってハト派が強そうなメンバーですね。

さて、FOMC声明ですが、

  • 金融政策の方針の正常化を始めるにおいて辛抱強くなれると判断。
  • FOMCはFF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲で維持する期間の決定に関して、2%のインフレと最大雇用の目標に向けて実現かつ予想される進展を評価する。
  • 経済活動の成長はしっかりとしたペースで拡大している。
  • 労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともにさらに改善されている。
  • 広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が減少し続けていることを示唆している。
  • インフレは短期的にさらに低下することが予想される。
  • 政策判断では国外の展開を考慮する。

前回の12月のFOMCで、「相当な期間」という文言が、(利上げ開始まで)「辛抱強くなれる」という文言に変更されました。

12月のFOMC後の会見で、イエレンFRB議長が「辛抱強いは次回数回の会合で動かないことを意味する」「数回の会合は2回を意味する」と述べ、1月と3月のFOMCでは利上げはしないとされたので、今回のFOMCは無風状態が予想されました。今回も「辛抱強くなれる」という文言はそのままでした。

経済活動については、しっかりとしたペースで拡大していると評価が上方修正されました。
労働市場についても、「さらに改善されている」「労働資源の未活用が減少し続けていることを示唆している」と引き続き堅調な回復を見せているととらえているようです。

インフレについては、「短期的にさらに低下することが予想される」とされました。
また、「政策判断では国外の展開を考慮する」という点が述べられており、これは2013年1月以来のことだそうです。

マーケットでは、低インフレや国際情勢についての言及に着目し、利上げ先送りのサインとしてみる向きもあるようです。ただ、全体としては景気判断引き上げなど若干タカ派的な内容ととらえて、利上げ時期は6月近辺で変わらないという見方が多いようです。