2015/03/19

3月FOMC声明(2015年):「辛抱強い」文言削除も、経済・金利見通し下方修正

利上げに向けて「辛抱強い」という文言を削除するのではないかと注目されていた3月FOMCですが、昨日声明が発表されました。

  • 4月の会合でFF金利を引き上げる可能性は依然として低いと判断。
  • さらに労働市場の改善が見られ、インフレが中期的に目標の2%に向かうとの合理的な確信が持てた時、金利引き上げが適切であると予想。
  • FOMCはFF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲で維持する期間の決定に関して、2%のインフレと最大雇用の目標に向けて実現かつ予想される進展を評価する。
  • フォワードガイダンスの変更は、最初の利上げのタイミングを決定したことを示唆するものではない。
  • 経済成長がやや緩やかになっていることを示唆。
  • 労働市場の状況は健全な雇用の増加や失業率の低下とともにさらに改善されている。
  • 広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が減少し続けていることを示唆している。

市場予想通り、「辛抱強い」という文言は削除されました。しかし、「フォワードガイダンスの変更は、最初の利上げのタイミングを決定したことを示唆するものではない」と、利上げへの道筋はひらきつつも、あくまで「労働市場の改善が見られ、インフレが中期的に目標の2%に向かうとの合理的な確信が持てた時」に利上げするということでした。いつでも利上げできる状態をつくった上で、今後の経済指標を見て利上げするということのようです。

一方で、1月のFOMCでは「経済活動の成長はしっかりとしたペースで拡大している」としていた景況判断ですが、今回は「経済成長がやや緩やかになっていることを示唆」と下方修正しました。

また、2015年のGDP見通しを、前回の2.6-3.0%から2.3-2.7%に下方修正しました。16年は2.5-3.0%から2.3-2.7%へ、17年は2.3-2.5%から2.0-2.4%に下方修正しました。

FF金利見通しについても、2015年末は前回の1.125%から0.625%に引き下げました。16年末も、前回の2.5%から1.875%へ引き下げました。雇用統計は良い結果が出ていますが、経済状況は以前よりも減速気味ととらえていて、それにつれて金利見通しも引き下げたということのようですね。

FOMC後のイエレンFRB議長の記者会見については、次の通りです。

  • 4月会合後の利上げの可能性を否定しない。
  • 「辛抱強く」の文言削除はFOMCが焦っているということを意味するものではない。
  • ドルの上昇は低インフレの長期化を意味する。
  • 利上げは4月会合の後、いつでも起こりうる。
  • 6月利上げの可能性を排除しない。
  • 強いドルは輸出が伸び悩んでいる要因の一つ。
  • 強いドルはインフレを押し下げる。
  • 今年の経済見通し下方修正はドル高が一因。
  • ドル高は米経済の力も反映している。

利上げの時期について、「4月会合後の利上げの可能性を否定しない」「6月利上げの可能性を排除しない」「利上げは4月会合の後、いつでも起こりうる」と今後はいつでも利上げしうるというスタンスですが、FOMC声明で「4月の会合でFF金利を引き上げる可能性は依然として低いと判断」としているので4月の利上げの可能性は低いとして、早くて6月以降となりそうですね。マーケットの多くは、今回のFOMCを受けて9月に利上げするとみている向きが多くなったようです。

また、1月のFOMC議事録でドルが一段高となるリスクが指摘されていましたが、強いドルのために輸出の伸び悩みがみられ、インフレは押し下げられているというドル高の弊害が述べられていました。会見後、ドルは売られたそうです。

3月FOMCは、「辛抱強い」という文言が削除されましたが、経済や金利の見通しが引き下げられ、全体的にハト派的な内容とマーケットはとらえて、利上げは9月にずれ込むという予想が多くなるという結果になりました。