2016/05/19

4月FOMC議事録(2016年)

4月26~27日開催分のFOMC議事録が昨日発表されました。

  • 多くの参加者は世界経済のリスクを注視する必要があると認識。
  • 幾人かの参加者は英国のEU離脱と中国の通貨政策がリスクと認識。
  • 大半の参加者は経済が正当化されるならば、6月利上げの可能性が高いと判断。
  • データが6月利上げを支持するかどうかの見解は様々。
  • 多くの参加者は先行きの下振れリスクを引き続き警戒。
  • 消費鈍化や世界経済の見通しなどが下振れリスク。
  • 一部の参加者は6月利上げの織り込みが過度に低いことを懸念。

4月FOMC声明では、もし6月FOMCでの利上げがあるならそれについて言及されるのではないかという事前予想に対し、言及はなしという結果で、米GDPの下振れリスクとあわせてマーケットの大半はハト派的な内容ととらえ、6月の利上げはなしという予想が大勢になりました。

しかし、4月FOMC議事録では、「大半の参加者は経済が正当化されるならば、6月利上げの可能性が高いと判断」とあり、経済状況が許せばという条件付きですが、大半の参加者は6月利上げの可能性が高いと判断したことが明らかになりました。年内利上げは1回かもしくは年内は無理という予想に傾いていたマーケットにとってはかなりのタカ派的内容に映り、サプライズとなりました。

利上げの前提となる経済状況をどうみているかですが、4月雇用統計でも述べたのですが、非農業部門雇用者数が+16.0万人、失業率5.0%と市場予想より弱い結果に終わった4月雇用統計について、ハト派でFOMC投票権持ちのダドリー・ニューヨーク連銀総裁が「今年2回の利上げが妥当な予想」「4月米雇用統計はさほど重要視するものでもない」と4月雇用統計の弱い結果は重要視しないと述べていました。

利上げについてのコメントとしては、4月雇用統計前ですが、最もハト派とみられるエバンス・シカゴ連銀総裁(FOMC投票権無し)は4月5日に「年内2回の利上げが適切」4月15日に「6月もしくはそれ以降の利上げは適切」などと述べていました。また、4月雇用統計後の5月9日には「米国の経済ファンダメンタルズは良好」「労働市場はかなり長い間強い」と米国経済の現状をかなりポジティブに評価しています。

同じくハト派とみられるローゼングレン・ボストン連銀総裁(FOMC投票権有)は、5月12日に「利上げ確率は市場が織り込むよりも高い」「経済が軌道を外れなければ緩やかな利上げ継続」と述べ、利上げの路線上にあるという考えを示しました。なお、本人は「私をハト派とみる向きがあるがデータ至上主義だ」と述べています。

マーケットがハト派とみなしているメンバー内でも、年内2回程度の利上げが妥当で6月の利上げも可能な経済状況にあると考えていると思われます。

「一部の参加者は6月利上げの織り込みが過度に低いことを懸念」とありますが、前述したようにマーケットの予想は6月FOMCでの利上げは無理で年内1回、もしくは年内は利上げなしという予想が一般的でした。一方で、上述のようにFOMCメンバーはハト派内でも年内2回、6月利上げも経済状況が許せば可能という考えと思われるので、かなりの乖離がありました。

ここにきて、タカ派のジョージ・カンザスシティ連銀総裁(FOMC投票権有)やラッカー・リッチモンド連銀総裁(FOMC投票権無し)が利上げを主張するのは当然として、中道派のロックハート・アトランタ連銀総裁(FOMC投票権無し)は5月17日に「6月に行動する可能性を排除しない」「今年2、3回の利上げの可能性はある」と述べ、同じく中道派のウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁(FOMC投票権無し)も5月17日に「緩やかな利上げは今年2-3回、来年3-4回を意味する」「データに基づいて利上げを開始するのは理にかなう」と述べ、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁(FOMC投票権無し)も5月9日に「6月の利上げは可能」と述べており、6月利上げの可能性を織り込ませようという発言をしてきています。

年内2回の利上げがコンセンサスとするならば、前回が昨年の12月だったので6月と12月に利上げすればちょうど半年ごとということになり、利上げはするが拙速にはしないという印象を与えることができるのではないかと思われます。もちろんスケジュール的に利上げするのではなく、あくまで経済指標次第だと思われますが、理想はそうなのではないでしょうか。

「幾人かの参加者は英国のEU離脱と中国の通貨政策がリスクと認識」とありますが、特に英国のEU離脱については、国民投票が6月23日に設定されており、6月FOMC(14~15日)よりも後になるので、英国内の世論の動向によっては利上げの障壁になるのではないかという声があります。実際、カプラン・ダラス連銀総裁(FOMC投票権無し)は5月17日に「英EU離脱問題について6月FOMCで考慮する必要がある」と述べています。6月FOMCでの利上げの可能性は以前より高まってきましたが、今後の経済指標の結果と合わせて英国国民投票についての世論の動向も見ていく必要があると思われます。