2016/12/15

12月FOMC声明(2016年):0.25%利上げ、2017年は年3回利上げへ

12月13~14日開催分のFOMC声明が発表されました。
政策金利は市場予想通り、0.25~0.50%から0.50~0.75%へ0.25%利上げされました。
マーケットでは、FF金利見通しが上方修正されたのを受けてドル高が進行しました。

  • 経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると予想。
  • 労働市場は引き続き強く、経済活動は今年中盤から穏やかなペースで上昇している。
  • インフレは今年初めから幾分強まったが、目標の2%は依然として下回っている。
  • 金融政策のスタンスは引き続き緩和的。
  • その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている。

  • 2017年末のFF金利見通し(中央値): 1.375%(前回1.125%)
  • 2018年末のFF金利見通し(中央値): 2.125%(前回1.875%)
  • 2019年末のFF金利見通し(中央値): 2.875%(前回2.625%)

  • 2017年GDP見通し: 1.9-2.3%(前回1.9-2.2%)
  • 2018年GDP見通し: 1.8-2.2%(前回1.8-2.1%)
  • 2019年GDP見通し: 1.8-2.0%(前回1.7-2.0%)

すでに12月利上げはマーケットでは織り込み済みで、2017年のFF金利見通しが上方修正されるかに注目が集まっていました。

文言では、「経済状況はFF金利が緩やかな引き上げのみ正当化すると予想」と変わりませんでしたが、FF金利見通しは変化がありました。前回の2017年末でのFF金利見通し(中央値)は1.125%で、0.25%の利上げを2回見込んでいました。今回は1.375%に上方修正され、0.25%の利上げを3回見込んでいるということになりました。堅調な経済指標が続いていることや、トランプ氏大統領選勝利後の市場の変化、トランプ政権で大型財政出動などの経済施策が行われた場合の影響などを加味したものと思われます。


FOMC声明後に行われたイエレンFRB議長の記者会見の内容は次の通りです。

  • 経済が著しく進展したと認識。
  • インフレは2%に近づいた。
  • 今後数年、緩やかな成長を予想。
  • 雇用の状況、幾分さらに改善すると予想。
  • 経済は緩やかな利上げのみ正当化すると予想。
  • 経済見通しの不確実性は高い。
  • FF金利の経路は非常に控えめな調整。
  • 一部参加者は財政政策の変化を考慮に入れた。
  • 利上げは米経済への信任票。
  • 経済政策の詳細判明に伴って調整が必要になる。
  • 財政拡大は完全雇用達成に明らかに必要ではない。
  • 金利やドルの上昇は市場参加者が拡大的な政策を予想していることを示唆。
  • 4年の任期をまっとうするつもりだ。
  • さらに4年間の任期については決定していない。

「一部参加者は財政政策の変化を考慮に入れた」とあり、トランプ氏の大型財政出動の可能性の影響があったようです。ただ、「経済見通しの不確実性は高い」とあり、まだトランプ氏の政策の具体的な詳細が明らかになっていない今の時点では、不確実性が高いということのようです。

「FF金利の経路は非常に控えめな調整」「経済政策の詳細判明に伴って調整が必要になる」ともあり、今回のFF金利見通しは非常に控えめな見方であり、トランプ氏の政策やその影響によってはより大幅な調整が必要になる可能性があるということのようです。

「4年の任期をまっとうするつもりだ」「さらに4年間の任期については決定していない」については、トランプ氏が選挙期間中からイエレン氏を批判し、再任しないと発言していたことを受けての発言だと思われます。


さて、今年最後のFOMCも終わり、2017年のFOMCはどうなるかについてですが、現在2名欠員となっているFRB理事に、トランプ氏がタカ派の人物を送り込むという予想が出ているようですね。FRBからはイエレン議長を含めて5名がFOMCに参加していますが、みなハト派か中道派と目されています。投票権持ちの連銀総裁は、ダドリー・ニューヨーク連銀総裁がハト派、エバンス・シカゴ連銀総裁が超ハト派です。仮に2名のトランプ系タカ派FRB理事が増えても、ハト派・中道派ですでに7名になります。ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、カプラン・ダラス連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁は就任してからまだ比較的新しい人たちですが、今までの発言をみると、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁がハト派的、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁とカプラン・ダラス連銀総裁がタカ派的だと思われます。なので、トランプ系タカ派2名をプラスして全12名中ハト派・中道派(イエレン派)が8名、タカ派4名になり、ハト派・中道派(イエレン派)優位は動かないと思われます。