2017/05/04

5月FOMC声明(2017年)経済減速は一過性の判断

5月2日~3日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
政策金利は、市場予想通り0.75~1.00%に据え置きでした。

  • 経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると予想。
  • 保有する政府機関債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還金を新発債に再投資する既存の政策を維持。
  • FF金利の水準が十分に正常化されるまでそうすると想定。
  • 金融政策のスタンスは引き続き緩和的。
  • その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている。
  • 決定は全会一致。
  • 経済活動は減速したにもかかわらず、労働市場は引き続き強まった。
  • 雇用の伸びは堅調で、失業率はここ数カ月で低下した。
  • 第1四半期の成長減速は一過性となる可能性が高い。
  • インフレ率、目標に近い前年比2%水準で推移。
  • 引き続き緩やかな成長拡大が見込める。



5月FOMCの前、4月28日に1-3月期のGDP速報値が発表されましたが、前期+2.1%、市場予想+1.0%に対し、+0.7%と市場予想を下回る結果でした。5月1日に発表された3月個人所得も市場予想+0.3%に対し+0.2%、3月個人消費支出も市場予想+0.2%に対し0.0%になるなど減速感があり、3月コアPCEデフレーターも前月+1.8%に対し+1.6%と減速しました。マーケットの一部には利上げペースの低下も懸念されていましたが、GDPは1-3月期は毎年低めに出ることが多く、利上げペースには影響しないとみる向きも多かったようです。

5月FOMC声明では、「第1四半期の成長減速は一過性となる可能性が高い」と経済活動の減速に言及したものの、一過性のものと楽観的な見方を示しました。「雇用の伸びは堅調で、失業率はここ数カ月で低下した」「インフレ率、目標に近い前年比2%水準で推移」「引き続き緩やかな成長拡大が見込める」などと強気の見方は崩していないようです。

3月FOMC議事録では、バランスシートの縮小について言及されていましたが、5月FOMC声明では、「保有する政府機関債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還金を新発債に再投資する既存の政策を維持」といういつもの文言しかなく、それ以上のものは窺えませんでした。

マーケットでは、年3回、つまりあと2回の利上げを6月と9月に見込んでいるアナリストが多いようです。