2017/07/27

7月FOMC声明(2017年)サプライズなしもややハト派的内容か

7月25日~26日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
政策金利は、市場予想通り1.00~1.25%に据え置きでした。

  • インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測。
  • コアを含めインフレ率は低下し、2%を下回っている。
  • 経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると予想。
  • 金融政策のスタンスは引き続き緩和的。
  • その結果、労働市場の状況がさらに強化されインフレが2%に戻っている。
  • 労働市場は引き続き強く、経済活動は今年ここまで緩やかに拡大している。
  • 金融政策スタンスの段階的な調整に伴って経済活動は緩やかなペースで拡大し、労働市場の状況は幾分さらに強まると予想。
  • バランスシートの正常化プログラムを比較的早く開始すると予想。
  • 全会一致で決定。

前回の6月FOMC声明では、バランスシートの縮小について具体的な言及があり、開始時期についてはこれまでのFOMCで年内にも開始とされてきましたが、7月FOMC声明では、「比較的早く開始すると予想」となりました。6月FOMC議事録では、バランスシート縮小の開始時期で意見が分かれたとありましたが、早期開始派が多数ということのように思われます。マーケットでは、次回の9月FOMCで開始決定するという見方が多いようです。

7月FOMC声明は、全体的には想定内の内容でサプライズはなかったとマーケットには受け取られたようですが、インフレ見通しについて懸念が増しているのではとみられ、ややハト派的な内容と判断されたようでドルは下落したようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿