2017/09/21

9月FOMC声明(2017年)10月からバランスシート縮小開始決定

9月19日~20日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
政策金利は、市場予想通り1.00~1.25%に据え置きでした。

  • インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測。
  • 物価の動向を注意深く監視する。
  • ハリケーンハービーやイルマ、マリアは多くのコミュニティを壊滅させ、深刻な苦難を負わせた。
  • ハリケーンによる崩壊と復興は、近い将来経済活動に影響を及ぼすが、過去の経験から、中期的には国家経済の過程を大きく変化させる可能性は低いことが示唆されている。
  • ハリケーンの影響でガソリンやその他の商品の価格が上がると、一時的にインフレが押し上げられる可能性がある。
  • 金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって労働市場の状況のさらにいくらかの引き締まりと2%のインフレへの持続的な回帰を支える。
  • 全会一致で決定。
  • 10月にバランスシートの正常化プログラムを開始する。
  • 労働市場は引き続き強く、経済活動は今年ここまで緩やかに拡大している。
  • 経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると予想。


  • 2017年末までのFF金利見通し(中央値): 1.375%(前回1.375%)
  • 2018年末までのFF金利見通し(中央値): 2.125%(前回2.125%)
  • 2019年末までのFF金利見通し(中央値): 2.688%(前回2.938%)
  • 2020年末までのFF金利見通し(中央値): 2.875%

  • 2017年GDP見通し: 2.4%(前回2.2%)
  • 2018年GDP見通し: 2.1%(前回2.1%)
  • 2019年GDP見通し: 2.0%(前回1.9%)


9月FOMC声明では、10月からのバランスシート正常化プログラム開始が発表されました。すでに7月FOMC議事録で「大半の参加者は次回会合でのバランスシート縮小を支持」とあり、また、多くの連銀総裁がバランスシート縮小支持を表明していたこともあり、マーケットではすでに織り込み済みでした。

バランスシート縮小の内容については、イエレンFRB議長の発言で「バランスシートのプログラム、調整する計画はない」とあるので、6月FOMC声明であったとおり、「保有債の償還資金再投資については当初は米国債が月額60億ドル、MBSが月額40億ドル縮小し、3カ月ごとに上限を引き上げて1年後には米国債が月額300億ドル、MBSが月額200億ドル縮小する」ということと思われます。

金利については、見通しが発表されましたが、2017年末までのFF金利見通しは中央値で1.375%と前回と変わらず、年内あと1回の利上げを見込んでいるということになります。7月FOMC議事録では、利上げを見送るべきという参加者がおり、見方が分かれているということでしたが、年内の利上げを見込んでいるのは16人中12人だった模様(年内1回が11人)で、年内の利上げ確率は現状ではかなり高いといえるかもしれません。ただ、後述しますがイエレンFRB議長の会見で「軟調なインフレが続けば金融政策の変更が必要」とあるので、今後のインフレ動向によると流動的になってくるかもしれません。

マーケットでは、低調なインフレやハリケーンの影響などがありながらも年内1回の利上げが見込まれていることを受けてタカ派的ととらえ、ドル高になったようです。


FOMC声明後に行われたイエレンFRB議長の記者会見の内容は次の通りです。

  • 緩和的な政策が雇用市場を一段と支援するだろう。
  • バランスシート縮小、段階的かつ予測可能に進行へ。
  • 雇用者数、9月の数値に影響が出る可能性も。
  • インフレは2%目標をしばらく下回る。
  • インフレを2%に戻すため必要に応じて金融政策を調整する用意。
  • バランスシートのプログラム、調整する計画はない。
  • 今年の低調なインフレは謎。
  • 軟調なインフレが続けば金融政策の変更が必要。
  • 景気回復は力強い軌道にある。
  • 2017年の低インフレは、それが今後も続くことを意味しない。
  • FRB議長の任期を全うするつもり。

「インフレは2%目標をしばらく下回る」「インフレを2%に戻すため必要に応じて金融政策を調整する用意」「今年の低調なインフレは謎」「軟調なインフレが続けば金融政策の変更が必要」などと低インフレについての懸念が語られており、前述のように年内1回の利上げが見込まれてはいますがインフレ動向によっては政策変更の可能性もあるので、今後のインフレ動向を注視していく必要がありそうです。