2017/11/02

11月FOMC声明(2017年)12月利上げ路線に変化なしか

10月31日~11月1日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
政策金利は、市場予想通り1.00~1.25%に据え置きでした。

  • インフレは短期的には引き続き2%をやや下回るが、中期的には目標の2%付近で安定すると予測。
  • 物価の動向を注意深く監視する。
  • ハリケーン関連の混乱にもかかわらず、労働市場が引き締まり続け、経済活動は堅調に伸びている。
  • ハリケーンによる崩壊と復興は、近い将来経済活動に影響を及ぼし続けるだろうが、過去の経験から、中期的には国家経済の過程を大きく変化させる可能性は低いことが示唆されている。
  • 金融政策のスタンスは引き続き緩和的で、それによって労働市場の状況のさらにいくらかの引き締まりと2%のインフレへの持続的な回帰を支える。
  • 10月に開始されたバランスシートの正常化プログラムは進められている。
  • 経済状況はFF金利が緩やかな引き上げを正当化すると予想。
  • 全会一致で決定。
  • 9月のハリケーンは雇用者数を減少させたが、失業率はさらに低下した。
  • ガソリン価格はハリケーンの余波の後に上昇し、9月の全体的なインフレを押し上げた。

11月FOMC声明は、バランスシートの正常化プログラムが進められていることと、ハリケーンの影響で9月のインフレが押し上げられたこと以外、9月FOMC声明とあまり変わらない内容でしたが、「経済活動は緩やかに拡大している」から「経済活動は堅調に伸びている」と景気判断が上方修正され、ハリケーンの影響は一時的で経済や労働市場は堅調であるという見方を崩していないという内容でした。

マーケットでは、11月FOMCに特にサプライズはなく、これまでの政策路線に変更はないという評価で、12月FOMCで利上げされるという予想は高いままのようです。

現在は、11月FOMCよりも次期FRB議長に誰がなるのかの方が注目を集めているようです。イエレンFRB議長は来年2月に任期が切れますが、トランプ大統領がイエレン氏を再任させる可能性は低いようで、マーケットではパウエルFRB理事が有力とみている向きが多いようです。パウエル理事は中道派ですが、現在のFOMCの路線を継続するだろうとみられているようなので、大きな変化はないとマーケットでは考えられているようです。

~追記~
11月2日、トランプ大統領は次期FRB議長にパウエル理事を指名しました。議会の承認を得て来年2月に就任する見込みです。