2018/01/04

12月FOMC議事録(2017年)

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年早々ですが、
昨年の12月12日~13日開催分のFOMC議事録が発表されました。

  • 多くの投票権のある参加者とない参加者は12月の利上げを支持。
  • 数人は利上げに反対。
  • ほとんどの参加者は緩やかなペースでの利上げ継続を支持。
  • 複数の参加者は中期的なインフレ見通しは変わっていないと指摘。
  • 数人の参加者は継続的な低インフレがインフレ期待を低下させる可能性を懸念。
  • 多くの参加者は労働市場が引き締まっておりインフレを押し上げる見通しとの見解を示した。
  • 利回り曲線のフラット化は異例ではないとの意見が全般で一致。
  • 多くの参加者は所得税の減税は消費支出を押し上げると予測。
  • 何人かは所得減税は雇用も増大すると予測。
  • 多くの参加者は法人税の減税は設備投資を押し上げると予測。
  • 法人税減税は経済の潜在成長力も数年押し上げると予測。
  • 何人かの参加者は物価レベルとGDPを目標にするように提案。

「ほとんどの参加者は緩やかなペースでの利上げ継続を支持」「複数の参加者は中期的なインフレ見通しは変わっていないと指摘」などとこれまでの見方を変えておらず、今後も緩やかなペースでの利上げが継続されることが示され、マーケットはこれを好感して株価が上昇したようです。

また、減税による消費や雇用、経済への好影響にも言及され、総じてタカ派の内容だったとの評価がマーケットでは多いようです。

12月FOMCでは0.25ポイントの利上げが行われましたが、エバンス・カシュカリ両氏が据え置きを主張して反対しました。しかし、2018年はFOMC投票権持ちの連銀総裁のメンバーも変わり、超タカ派のメスター・クリーブランド連銀総裁や、タカ派と目されるバーキン・リッチモンド連銀総裁、中道派ですがタカ派よりのウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁などタカ派が多く、FRB理事を含めてもタカ派・中道派優勢といえそうで、目立ったハト派は超ハト派のブレイナード理事ぐらいなので、利上げのペースに影響を与えることもありそうです。

イエレンFRB議長は2月に退任し、パウエル理事がFRB議長に就任するので、今年はパウエル次期FRB議長の手腕に注目が集まりそうです。