2018/03/22

3月FOMC声明(2018年)0.25ポイント利上げも年3回利上げ予想は維持でタカ派傾向は弱め

3月20日~21日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
パウエル新FRB議長の初のFOMCとなりました。
政策金利は、市場予想通り1.25%~1.50%から、1.50%~1.75%に引き上げられました。

  • 労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している。
  • 短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡。
  • 物価の動向を注意深く監視する。
  • 市場に基づくインフレ調整指標はここ数カ月で上昇したものの、依然として低いままである。調査に基づく長期的なインフレ期待はならしてみるとほぼ横ばいとなっている。
  • 前年比ベースのインフレは今後数カ月上昇し、中期的に2%付近で安定すると予想。
  • 経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると予想。
  • 決定は全会一致。
  • 過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている。

声明自体はほぼ市場予想通りでサプライズはなく、経済活動や雇用に関しての強気な見方を維持し、低インフレに言及しながらも中期的にはインフレ目標の2%付近で安定する予想というイエレン路線を踏襲するものでした。

マーケットの注目はむしろFF金利見通しや、パウエル新FRB議長の会見の方に集まっていました。

  • 2018年末までのFF金利見通し(中央値): 2.1%(前回2.1%)
  • 2019年末までのFF金利見通し(中央値): 2.9%(前回2.7%)
  • 2020年末までのFF金利見通し(中央値): 3.4%(前回3.1%)

  • 2018年GDP見通し: 2.7%(前回2.5%)
  • 2019年GDP見通し: 2.4%(前回2.1%)
  • 2020年GDP見通し: 2.0%(前回2.0%)

2018年末までのFF金利見通しは、年3回利上げ予想維持でした。
マーケットでは、年4回を予想する向きもあったので、若干タカ派傾向は弱めととらえられたようです。
2019年末・2020年末までのFF金利見通しは、前回より上方修正されました。

また、GDP見通しは、2018年・2019年の見通しが上方修正され、景気に強気の見方を持っていることが示されました。


FOMC声明後に行われたパウエル新FRB議長の記者会見の内容は次の通りです。

  • 労働市場は引き続き堅調に推移すると予想。
  • 経済見通しはここ数カ月で強まった。
  • 遅すぎる利上げペースは経済にリスクをもたらす。
  • 失業率低下にもかかわらずインフレの上向き圧力は緩やかにとどまる。
  • 利上げに関して中立的な立場の方針。
  • 関税についても協議。通商政策を企業は懸念し始めた。
  • 賃金の伸びが見られないことに驚き。
  • 一部資産価格は歴史的水準と比較して高い。
  • 貿易は顕著な見通しリスクになった。

一部で年4回利上げの可能性は残ったとのアナリストの見方もあるようですが、大半は予想よりタカ派的ではなかったとの見方が多いようで、ドルは下落したようです。


3月FOMCはパウエル新FRB議長初のFOMCとのことで注目されましたが、声明は概ね市場予想通りでイエレン路線を踏襲し、2018年末までのFF金利見通しも年3回を維持というものでした。

一方、パウエル新FRB議長の記者会見は、事前のマーケットの予想よりもタカ派的ではなかったという見方が多く、ドル下落の要因になった模様でした。