2018/05/03

5月FOMC声明(2018年)インフレ目標達成に自信

5月1日~2日に開催されたFOMCの声明が発表されました。
政策金利は、市場予想通り1.50%~1.75%に据え置きでした。

  • 労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している。
  • 経済見通しへのリスクはおおむね均衡。
  • 長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず。
  • 前年比ベースのインフレは中期的に対称的な2%の物価目標付近で推移すると予想。
  • 経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると予想。
  • 最近のデータによると、四半期ペースで家計支出の伸びが緩やかに推移した一方、設備投資は引き続き堅調に推移した。
  • 前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた。
  • 過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている。

5月FOMCは、年4回の利上げが示唆されるかどうかが注目点でした。

「前年比ベースのインフレは中期的に対称的な2%の物価目標付近で推移すると予想」「前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた」とあり、これは3月のPCEコアデフレーターが前年比+1.9%に上昇したことを示していると思われますが、インフレについての強気な見方が現れており、インフレ目標である+2%達成に自信がうかがえるものと思われます。

また、「対称的な」という文言が入れられたのは、インフレ目標である+2%を上回ることを容認することを示唆しているという見方があるようです。FOMC議決権持ちで中道派のボスティック・アトランタ連銀総裁は4月5日に「インフレが2%を多少超えても問題ない」と述べています。

雇用や経済活動についての強気な見方も変わらず、堅調な米経済を評価している模様です。

しかし、マーケットは年4回の利上げをすでに織り込みにかかっており、その点では5月FOMC声明の内容はタカ派度が足りなかったという見方が多いようです。ただ、6月に行われるFOMCでは利上げされるだろうというのが大方の予想のようです。